クレジットカードを使いこなす

クレジットカードのチャージバックは重要

クレジットカード業界でよく使われる用語の一つに、「チャージバック」というものがあります。チャージバックとは、直訳すれば「とられてしまった代金を取り返す」とか、「請求を差し戻す」というような意味の言葉で、近頃では一般の人にも知られるようになっています。

多くのカード会員を抱えるクレジットカード会社では、カード利用にまつわるトラブル処理も大きな業務の一つと言えます。大手のクレジットカード会社にはそれぞれ、トラブル処理を円滑に行なうための一定のルールが定められており、これをチャージバックルールと呼んでいます。
マスターカードやVISAにおいてはチャージバックは、クレジットカードの取引データをアクワイアラー(クレジットカード加盟店からの売り上げ伝票を受入れて、会員に代わり利用代金を支払うカード会社のこと)よりイシュアー(会員に対してくれジッドカードの発行を行なうカード会社のこと)に提供されたのち、異議を申し立てる資金移動を伴った行為のことを言うとされています。これによってイシュアーは、既にアクワイアラーにより徴収済みのカード取引代金を取り返すことが可能となります。つまり、クレジットカードの利用明細書をみたカード会員からクレームの申し立てがあった場合、イシュアーがクレームの内容を認めたケースについては、アクワイアラーに対しその請求を不当なものとして先に徴収された代金を一定のルールに基づき取り返すことができるというわけなのです。

チャージバックは、クレジットカード会員に対するアフターケアとしてとても重要なものです。ただし日本のクレジットカード会社においては、会員規約などにチャージバックに関する条項を取り上げているケースが少なく、クレジットカード利用に伴うトラブルが増加傾向にある中、カード会員教育という面においては更なる取り組みが必要となりそうです。
インターネットが急速に普及し、ネット上で買い物をすることもごく普通のこととなりつつあります。インターネット取引においては、クレジットカードが決済手段として用いられることが多いものですが、最近ではインターネット上でのクレジットカード利用にまつわるトラブルが急増しています。クレジットカードはとても便利なものですが、面倒なトラブルに巻き込まれないためには、日頃からチャージバック制度などについての理解を深め、いざという時にあわてず適切な対応をとることができるように備えておきたいものです。

様々なデザインのクレジットカード

いつも財布の中に入れて持ち歩く必要があるクレジットカードは、どうせ持つならデザイン性の高いスマートなものにしたいと考える人は多いのではないでしょうか?小売店のレジやレストランでの会計など、クレジットカードが人目につく場面というのは意外に多いものです。機能が同じであるなら、ちょっと人とは違ったおしゃれなデザインのクレジットカードを選んでみたいものです。

カードのデザインという観点からクレジットカードを選ぶなら、インターネットのクレジットカード比較サイトを利用するのが便利でしょう。自分であちこちのクレジットカードのパンフレットを集めてカードのデザインを確認するというのは相当大変な作業ですが、写真入りでクレジットカードを紹介している比較サイトなら、簡単に好みのデザインのカードを見つけることができるはずです。

多くのクレジットカード比較サイトでは、多種多様なクレジットカードを機能別、ランク別、系列別などに分類して載せているので、いろいろな角度から比較検討することが可能です。まずはデザイン面から気に入ったカードをいくつか選び、クレジットカードとしての機能を確認して比較するというのもよいでしょう。現在では実にさまざまなデザインのクレジットカードが世に出回っています。若い女性であれば、キティやスヌーピーといった可愛らしいキャラクターをカード面にあしらったクレジットカードに人気が集まっているようです。

クレジットカードは、基本的には同じものを長く使い続けた方が、何かと得をするものです。実績を積んでカード会員としての信用がアップすれば、利用額が拡大することも期待できますし、同じカードを使い続けていれば、カードのポイントもかなり貯めやすくなるでしょう。愛着を持って長く使い続けていくためには、クレジットカードのデザインにこだわるというのも一つの考え方であるといえるでしょう。

クレジットカードのデザインに関しては、ある程度の決まりがあります。海外でも通用する国際ブランドのカードであれば、全体の15パーセント以下の面積内に国際ブランドの識別部分を入れる必要があります。囲み線などについても細かい規定がありますが、カードの裏表いずれでもよいことになっています。イシュアーの識別部分は、全体の85パーセント以上ということになり、この部分にそれぞれのクレジットカード会社はさまざまなデザインをプリントしているのです。

クレジットカードのトラブルを防ぐ

クレジットカードのトラブルとしては、個人の利用の仕方に関わるものもあります。クレジットカードが1枚あれば、手元に現金を持っていなくても高額の買い物をすることができるため、ついカードを使いすぎてしまい返済に困るという例もよくあります。クレジットカードの「クレジット」とは信用を意味するもので、クレジットカードを持つ人にはそれなりの自己管理が求められることになります。安全で便利にクレジットカードを使うためには、防犯対策に常に気を配り、いざという時の心構えをきちんとしておくとともに、自分のお金に対する考え方をしっかりと持っておくことが重要です。クレジットカードをむやみに怖がる必要はないのです。

クレジットカードのネットワークとは?

現在のクレジットカード決済は、高度で複雑なシステムが採用され、ネットワーク化されています。クレジットカードのオンラインネットワークシステムとは、カード会員が商品やサービスを購入するにあたってクレジットカードを利用した場合に発生するオーソリゼーション処理のデータなどをやり取りするネットワークやインフラ、またはそのシステムを表す言葉です。クレジットカードのオンラインネットワークシステムには、正確さや信頼性はもちろんのこと、高度のセキュリティ機能なども要求されるため、最新の技術によって構築されています。

「オンライン」というのは通信状態を表す言葉で、金融機関やクレジットカード会社、あるいは情報管理などの業務を委託されている会社のホストコンピューターやサーバーと接続が維持されている様子やシステムのことをいいます。クレジットカード業界においては常時オンライン状態にあることが必須条件といえ、何らかのトラブルによりシステムがオフラインになると、大きな利益損失が生まれる可能性があります。現在のクレジットカード決済のシステムにとって、オンラインネットワークシステムは命綱とも呼べるものであるわけなのです。

「CAFIS」とは、NTTが開発した情報通信ネットワークシステムで、クレジット情報データ通信システムの名称です。カード会員がクレジットカードを利用した際に、カード加盟店のCATからクレジットカード会社やそのほかの金融機関などへ流れるオーソリゼーションと呼ばれる与信照会と、売り上げ決算データを仲介するインフラをCAFISは提供しています。このシステムによって、クレジットカード会社は少ない経費で全国規模のネットワークを持つことができるようになりました。今ではコンビニATMのネットワークなどでもCAFISが採用されているようです。

新たにCAFISサービスを利用しようとする場合には、いろいろな準備や手続きが求められます。まず、企業コード取得のため、財団法人流通システム開発センターへの申請を行ない、さらにいずれかのクレジットカード会社との加盟店契約の締結を行なうことになります。クレジットカード会社との加盟店契約が成立すると、クレジットカードの取り扱いができるようになります。その段階でCAFISに接続したいという意向を契約しているクレジットカード会社に連絡し、いよいよCAFIS接続試験の具体的なスケジューリングなどの調整がはじまるという段取りになります。

クレジットカードと多重債務問題

「債務」とは、クレジットやローンなどによる借金のことです。「多重債務」というのは、一人の消費者がクレジットカード会社などさまざまなところから借金をしている状態のことをいい、一人であちこちの金融機関から同時に借り入れを行なっている人のことは「多重債務者」と呼びます。近年問題となっているのは、返済不能になるほど借入金の合計金額が膨れあがってしまった状態の人です。多重債務から自己破産へと進む件数も急増しています。

破産法というものが最初に作られた当初は、破産という行為そのものが反社会なものであるという思想を含んでいたものですが、その後1952年に行なわれた法改正で免責制度が追加になり、借金を負った債務者を救済することを目的とした法律という意味合いをも持つように変化しました。そのような流れを受け、さらに2001年には個人の民事再生手続きも導入されています。

クレジットカードのキャッシングやローン利用、またクレジットカードでショッピングをした個人の情報や利用履歴は、個人信用機関のデータベースにすべて蓄積されています。クレジットカードの新規発行を行なうような場合には、このデータベースを基にして、その人にどれくらいの返済能力があるかという判断が下され、問題がない場合についてクレジットカードが発行されることになるのです。

クレジットカード発行の際の信用調査などに利用される代表的な個人信用情報機関としては、「全国銀行個人信用情報センター」や、「全国信用情報センター連合会」、「株式会社シー・アイ・シー」、「株式会社セントラル・コミュニケーション・ビューロー」などがあります。以前は、特に重要と考えられる事故情報などに限って、それぞれのデータベース間の情報交換が行なわれてきましたが、増加の一途をたどる多重債務を予防するために、そのほかの情報についても各データベース間でつけ合わせが実施されることになりました。クレジットカード会社によっては複数のデータベースから情報の提供を受けてきたところもあったようですが、今後は情報の共有化が進み、ローンカードやクレジットカードなどの発行もより慎重になっていくことが予想されます。

多重債務の問題は、どこかひとつに責任があるというような性質のものではありません。多重債務者がなぜここまで増加してしまったのか、という原因の追及と、その増加を食い止めるためにはどうすれば良いのか、という解決策は、クレジットカード業界のみならず、社会全体で取り組むべき問題といえるでしょう。若いうちからのマネー教育や、金銭管理のカウンセリングといった仕組みも必要となってくるかもしれません。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。